LIFE

【学生生活】東北大学ではパソコンが必須になります【BYOD】

更新日:

今回は令和2年度から東北大学の授業でパソコンなどの電子端末が必須になる、というテーマについて紹介していきたいと思います。

正確に言えば、講義において教員が生徒に対して、端末を持ってくるように言ったときに持って来なければならない、ということです。

BYODはBring Your Own Deviceの略です。

経済的にどうしても用意する人が難しい、という人向けの大学側の支援はあります。

PCが必須になった理由

令和1年度現在、東北大学の川内北キャンパスにはマルチメディア棟(以下M棟)という建物があります。

このM棟は、簡単に言ってしまえば、学生が自由に使えるコンピュータがたくさんある場所です。

ただ、このM棟のコンピュータのシステムがなかなか重いんですよねー。

そして大学側が「システムの管理面倒だし、買い替えるのもなー。もうコンピュータ撤去するか」となったわけです。

からの「代わりに、生徒個人に持って来させりゃいいじゃん」という流れです。

おそらく背景には財政的な事情があるのだと思いますが。

どのみち大学生にはPCは必須です

令和2年度からPCが必須になる、ということですが、令和元年現在でも実際PCは必須です。

PCというよりかはWordやExelなどのOfficeが必須です
実験のレポートを書くときに使います。

また、プログラム関係の講義を受けることになれば、なおさら必須です。

毎回の授業で必要となることは少ないですが、やっぱり使いますね。

選ぶべきPCの基準は?

じゃあ、どんなPCがいいのかと。僕が個人的におススメするのは

  • 2 in 1
  • 軽い
  • Windows

のPCです。

2 in 1

2 in 1というのは、PCとしてもタブレットとしても使えるやつです。

PCでノートを取るのならタッチペンがついてるものがいいです。

PCでなくタブレットの方が、ネットワーク上で配布される資料が見やすいです。

僕は資料に関してはスマホで見てますが、画面が小さい......。

軽い

軽いというのは、動作ではなくて重量の方です。

僕は今、大学生協で買ったPCを使っていますが、やっぱり重いんですよねー。

重さは1キロぐらいなんですが、それでもリュックに入れるとなかなか重く感じますね。

なので、重さが軽い方が便利です。

Windows か Macか

WindowsとMacのどちらを買うべきかみたいな話がありますが、個人的にはどうしてもMacが欲しいというのならMacを買えばいいと思います。

iPhoneユーザーならばデータを同期したりして使いやすいですが、Androidスマホならそこまで魅力はありませんね。

ただ、どちらを買うか迷っているくらいならWindowsにしておいた方が無難です。

なにかトラブルがあったときにWindowsの方が情報が多いので。

おススメ

まとめると、おススメのPCはMicrosoftのSurface Proです。

タブレットとしても使えて、重量も約800グラムでとても軽いです。

値段が高いと感じるかもしれませんが、大学生協でも同じくらいの値段のPCを勧められます。

大学生活の4年間、人によってはもっと長いかもしれませんが、その間ずっと使うものと考えれば、中途半端に安いものを買って買い替えるよりも、しっかりした製品を買った方がいいです。

まとめ

今回は令和2年度から東北大学で授業でPCが必須になる、という内容でした。

そして、PCを選ぶなら

  • 2 in 1
  • 軽い
  • Windows

のPCを選ぶべきです。
最近はPC離れ話題になっていますが、まあPCって便利なんでね。

新入生のPC選びの参考になれば幸いです。





-LIFE

Copyright© DaigoDiary , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.