CODE

【解説】AnacondaでPythonのインストールする方法【環境構築】

更新日:

今回はPythonをPCにインストールする方法を解説します。
Anacondaと言われるPythonディストリビューションを使用します。

※この解説記事はWindows向けです。

導入方法

ダウンロードするもの

  • Anaconda

AnacondaでPythonの環境を構築する際にはPython単体を導入する必要はありません。

ていうか既にPythonが導入されていると、Anacondaを導入したときに不具合が発生する可能性があるのでアンインストールしてください。

導入手順

下のリンクからAnacondaのページに移動してください。
Anacondaダウンロードページはこちら

そうしたら「Windows」が選択されていることを確認して「Download」をクリックします。

バージョンは特に何か特別な理由がないのなら3.7推奨です。

ダウンロードできたらインストーラーを起動します。

色々な項目がありますが、何もいじらず「next」を押し続ければ大丈夫です。

デフォルトではAnacondaのインストール先は、C:\User\(ユーザー名)\Anaconda3になっていると思いますが、もし別に場所にインストールしたい場合は「Browse...」から参照してください。

またインストール先は後々pathを設定する際に必要なので覚えておくことをおススメします。

上のチェックボックスはAnacondaのPATHを設定するものです。今回はチェックしなくて大丈夫です。

下のチェックボックスはAnacondaを標準のPythonとして起動するように設定するものです。

チェックを入れると、別のプログラムがPythonを使う時にAnacondaのPythonを利用するようになります。

AnacondaでインストールされたPythonだけを利用するのならチェックを入れても問題ありませんが、後々別にPythonを導入したりすると不具合が発生する可能性が高いので注意してください。

あとは「install」をクリックしたらインストールが始まります。
結構時間がかかります。

Anacondaの起動方法

スタートボタンの a 行にanacondaというファイルが追加されていると思います。
その中のAnaconda Navigationを開くと色々なアプリケーションを参照できます。

また、同じファイル内のAnaconda PromptからPythonを実行することもできます。

開くとこんな感じにコマンドプロンプトが開きます。

そこでpythonと入力すると、プログラムを実行できます。

試しにHello World!と表示させてみました。





-CODE

Copyright© DaigoDiary , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.